« S-VHSテープが惜しいw | トップページ | 言葉に~出来な~い~ »

堕天使の伝説

お友達のブログで見つけたので勝手に使用
はむこさま・・・事後承諾許してくらさい(〃⌒∇⌒)ゞえへへっ♪w


『伝説のあなた』


1999年7月某日。
大自然の祝福を受け、堕天使木の股より生まれ出た。

5歳の時に勤めていた会社が全焼。
被害総額は10桁を上回るという。

堕天使は見かけによらず気が弱かった。

「いまだ!とどめの一撃!頭だ!」

17歳の夏。色香に惑わされ、時給255円のバイトでこき使われる。

と云われているが、本当は、

「俺には嫌いなものが3つある」と言いながら必ず5つは言っていた。

27の頃、フラメンコに目覚め、
「巣鴨のビセンテ・アミーゴ」と呼ばれるように。

しかし、それは世を忍ぶ借りの姿。

そして、堕天使はいよいよ大海原へ船出することになる。

堕天使・ザ・ブラックホール
彼女の通り名はその大食いさ故つけられた。

弟の名が「大丸」「中丸」「小丸」と完結してることから、
自分は捨て子だったのではと悩む。

63のときに覚醒、以後遊びの道に魂込める生き方を貫き通した。

堕天使はよくお医者さんごっこをする男の子であった。

眼鏡を外すと3の字のような目だったので、近所では評判になった。

ほっぺたはぷにぷにしていた。

某組織の「怪人募集」の募集広告をanで見て応募するが、
補欠採用で戦闘員に回されたのでニ週間で退職する。

飯炊き名人として名を馳せる。

このころ巷で「堕天使っち」が大流行したという。

堕天使はのろけが得意だった。

98歳を一期として即身仏となるべく土中に篭るも、
雪解けとともに目覚めて登山客を襲う。


女になったり男になったり大変なことになってますがw
結局最期はゾンビ?ww

|

« S-VHSテープが惜しいw | トップページ | 言葉に~出来な~い~ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いぁいぁー
笑ってもらえました?w

自分でメモを取りながら何度吹き出しそうになったことか
もうここまで行ったら最後は妖怪になろうがどうなろうが
この堕天使、本望でございますw

投稿: 堕天使 | 2007.01.21 00:10

いぁー!
承諾なんて一切いらないっすよー。

と、そんなことよりも。

いやぁ、もうめっちゃ笑わせていただきましたヾ(≧▽≦)〃
モニタの前で一人、どこぞのエルモにも負けないくらいww
あぁ、苦しい・・・横隔膜緊張で死ぬー(うぉい)

それにしても長生きかつ、バラエティに富んだ人生で羨ましいですw(違?)
で、襲った後、何年生き・・・(ry

投稿: はむこ | 2007.01.20 00:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76450/13568092

この記事へのトラックバック一覧です: 堕天使の伝説:

« S-VHSテープが惜しいw | トップページ | 言葉に~出来な~い~ »